ウォーターサーバーは色々な商品から選べる

  • ウォーターサーバーにはどのような商品があるか

    • ウォーターサーバーの商品として、まずサーバー本体の機能に省電力機能の有無があります。
      通常が月1000円程度の電気代ですが、省電力のものは500円以下になります。



      また、水やお湯の温度をある程度切り替えられたり、誤操作防止のためのチャイルドロック機能などが付いている機種もあります。



      ウォーターサーバーはボトルが重いため、高齢者などは取り付けが大変です。

      これに対応した商品として、小型のボトルを使用できる機種や、ボトルをサーバーの上ではなく、足元に取り付けられるものもあります。


      ウォーターサーバーの商品として、水の違いもあります。

      RO水と呼ばれる、地下水や水道水をRO膜で濾過した水は価格が安いです。



      この膜は非常に孔が小さく、放射性物質も通さないため、放射能汚染が気になる人に向いていますが、水の旨味の成分も濾過されているため、味を楽しむことはできません。



      ボトルは繰り返し使えるガロンボトルが使われており、自分で廃棄する必要がありませんが、業者に渡すまで保管しなければなりません。

      ボトルが頑丈であるため、非常時にボトルから直接水を使うこともできます。

      天然水は安全性をクリアできる処理を行っていますが、RO水ほどではないため、水の味を楽しめます。

      あなたにオススメのイタチの駆除についての情報をまとめたサイトです。

      放射能汚染が気になる場合、安全な水源から採取しているものを選べば問題ありません。

      https://news.yahoo.co.jp/byline/masanoatsuko/20141009-00039815/

      天然水には軟水と硬水があるため、利用したいタイプを選びます。

      https://matome.naver.jp/odai/2146211287020653101/2146244047857043803

      使用されるボトルは軟らかい使い捨てタイプであり、使用後は保管せずにすぐに捨てられます。

      http://chiebukuro.yahoo.co.jp/tag/tags.php?tag=%E6%B0%B4%E9%81%93%E4%BF%AE%E7%90%86%E4%BC%9A%E7%A4%BE

  • 関連リンク

    • 水がそれほど好きではない人にとってはかなり意外なことですが、一般的に水にこだわる人は結構いるものであり、美味しい水を求めてウォーターサーバーを家庭に設置するのが流行っています。このウォーターサーバーは商品としては大成功だと言えます。...

    • 日本の水道水は飲用にもできるほど清潔であり、世界的にみても水道の蛇口をひねってそのまま煮沸もせずに飲める基準を保っているのは日本だけのことです。これだけ清潔な水を保っている日本でも、今では水にお金を払うことは当たり前になっています。...